料理をしてみようかと


最近、料理をしてみようかと思っている今日このごろ。
一人暮らし初めて10年。
この間、自炊をしようと決心し実際やってみたことが1度だけあるのですが
1週間で挫折…。
それ以来、料理は自分には向かないと
フライパンをしまい
包丁を錆びつかせ(しかもステンレスなのに…)
引越しの際には余計な荷物が増える始末。
引越しの時に整理すればいいじゃないですかーと言われそうですが、
自分はまず形から入るタイプでして
やろうと思ったらまず道具を揃えるところから始めるんですねぇ。
やろう⇒道具だ!⇒面倒くさい⇒やらない⇒道具を処分⇒やろう!⇒道具だ!⇒…
の無限ループ。
何してんだか。

それでも今回は奇跡的に道具がある!
ないのは包丁だけ!(これはこれで問題ですが…)
道具はあるぞー!

なぜそこまでやる気になっているか。
やっぱ逃げ恥ですかね。
TBSドラマの「逃げるは恥だが役に立つ」です。
最終回が放送され、逃げ恥ロスに苛まれておりますが、
あのドラマを見続けるうちに
「男も料理とか家事できないと、結婚生活が面白くならないな」と確信したからであります。
うちの両親とか見てると
男だから女だからとか、もう戦時中かというぐらいの古典的な問答をしているのを
散々間近で見ていたのもあり
あのドラマの関係はとても理想的な関係のように感じる点もあります。

いや、契約結婚がいいとかそんなリアリティな話じゃなく
「男は外で働かなきゃいけない」とか「女は家事をしなきゃいけない」とか
もうこのご時世で何いってんだか、っていうカンジです。
そっちのほうが面倒くさくないすか?って。
やれる方がやる、向いてる方がやる、それをベースに量とか調整すればいいじゃん。

そうなると、自分も料理ぐらいできるようにならないと
そんな偉そうなこと言えないなってことで、
本屋の前で配ってた料理教室のパンフレットを手にしている次第です。

ま、料理できりメンズもかっこいいしね。

がんばろ!