クラブワールドカップ 決勝!


自分はサッカーはそんなに見ない人間なんですが、
こと国際試合(オリンピックやワールドカップから、テニスのグランドスラムやF1なども含めて)に関しては
なぜか興味が湧いてくるたちでして。

サッカーもJリーグは見ないのですが、
代表戦とかワールドカップとかEUROとか、そういう試合は興味が俄然湧くのです。
いわゆるミーハーですな。

そんな自分なのでやはりクラブワールドカップも気になって見てしまいます。
日本からは開催国枠ということで鹿島が出てましたが
正直、鹿島がどんなサッカーするのかも知りませんでした。

国際試合となると、とたんに日本のチームは勝てないということは
アジア・チャンピオンズリーグでもわかっていたので
今回もあんまり期待してませんでした。

準々決勝で南米王者のアトレティコ・ナシオナルに負けて
今回も決勝は南米王者vsヨーロッパ王者のレアル・マドリードかなって
勝手に思ってたんですがね。
予想外の鹿島3ー0アトレティコ・ナシオナル!
これで俄然、決勝を見る気満々に(笑)
いやー、我ながらミーハーですねぇ。

そして12月18日
待ちに待った決勝ですが、感想からいうと
すごかったですねぇ?
レアルの1点目とか見た時は、「あー、今年もこんな感じなのね」ってカンジでしたが
前半のうちに1-1の同点に!
柴崎のボレーすげー!!

しかもそれどころか、後半には2-1!
「鹿島2ー1レアル・マドリード」
これが全世界に映っていると思うと、何かとてつもないことが目の前で起こっているのでは!
日本代表より強ぇーんじゃねーか!
またまた柴咲のミドルシュートとか、もうワールドクラス!

と、ここまではよかったんですがね。
あのセルヒオ・ラモスへのイエローカード出ないの!事件により終了…
あれはイエローだろ。
合わせ1本で退場だろ。
あれさえなければ、風向きは一気に鹿島だったかも。
たらればを言えばキリがないのですがね。

結局、最終的には2-4で敗れてしまったわけですが、
それでも準優勝。
すごいことです。

こんな試合、見れるようなチーム日本でももっと出てくればいいのにと思う今日このごろです。